mohuros7’s diary

思考整理用の備忘録です。

唐突なスタンド妄想

もし自分にスタンドが発現したら、という中学生がやるような妄想を24歳になって真剣にすることにした。

 

なんというかね、現実がね、辛いのよ。

 

現実逃避しないと精神の均衡を保てないくらいに辛いのよ。

 

この記事を見ている奇特なキッズは覚えておこうね

 

「頑張っても報われないことがある」と・・・。

 

あと、ついでに覚えて欲しいのが

 

「自分の才能を生かせる場所で生きること」の重要性だろうか・・・。

 

自分の才覚を生かすためには①まず自分が何に秀でているのかを知る必要があり、②更にその才能を生かせる環境を探し、③そこに滑り込む必要がある・・・。

 

自分の強みを探すのも大変だし、強みを生かせる環境を探すのも一苦労、そんな環境に入り込むのも大変なのよ・・・。

 

3重ですよ、ただでさえ大変な工程を3つもこなす必要がある。

 

だけど大人になってからでは遅いこともきっとキッズの内から心がけていれば実を結び、きっと少しは人生が楽しくなる、ハズ。

 

とりあえずこんな辺境ブログに足を運んでいる見どころのあるキッズは自分は何が得意なのかを考えよう。

 

もしくは何を得意にするのかを考えよう。

 

勉強、運動、漫画、小説、ゲーム、模型、工作、音楽なんでもいい。

 

なんでもいいから「これには自信があるぜ!」ってものを1つ作っておくとそれが自分を助けてくれる時が来る、かも。

 

唐突に始まった鬱トークを根性で抑えて、本筋の俺スタンドを考えるぞ。

 

スタンド、それは傍らに立つもの・・・。

 

スタンドを出す本人の才覚に左右されるそれはいわば本体の特徴を強調したもの・・・。

 

となると私の特徴と才覚を強調すると何ができるのか・・・。

 

・嫉妬深い、でも他人を攻撃するのも面倒なので行動には移さない。

・頭はそれほど良くない。

・自制心は弱い。

・運動はそこそこ、体力はある、根性は無い。

・メモ魔。

 

あれ、私に才覚ってほぼない・・・?

 

①頭はそれほど良くない

→複雑な操作はできない。

 

②自制心は弱い、根性が無い

→戦闘は不可、効果もショボい。

 

③メモ魔

→なんでもポストイットに書き込んで忘れないようにする習性がある。

 

①~③を総合すると・・・。

 

メモ型スタンド post it

 

破壊力  ー
スピード ー
射程距離 A
持続力  A
精密機動性 ー
成長性   D

 

 

・本体にしか見えないメモを召喚する。

・大きさは6cm×6cm 

・最大枚数は3枚 (成長次第でもっと増えるかも?)

・本体にしか視認できないだけでほぼ普通のメモ。

・他人には触れない。

・本体が離れた場所に行っても消えないが、同時に出せる枚数を越えると古いものが消える。

・メモを他人に張り付けると、メモに書いた内容がある程度反映される(イライラさせる、軽い腹痛を起こす程度)

 

 

妄想スタンドなのに妙に現実的でショボいのがいかにも私っぽい。