mohuros7’s diary

思考整理用の備忘録です。

対眠気 備忘録

帰宅すると眠い、やる気と眠気だと眠気の方が強い。

 

だからといって「眠いから明日の朝早起きして勉強しよ」と21時くらいに寝ても起きるのはいつもの時間・・・

 

早起きに成功しても眠気≫やる気だから「もうちょい寝ようかな」となってしまう・・・

 

打開策は

①眠気を我慢してやるべきことをやる。

②極限まで早寝して極限まで早起きする。

 

とりあえず、寝る前に勉強したものは頭に入りやすいらしいので①の方をなんとか実行することにした。

 

機会があればいつか②も試してみる。

猛烈に疲れているときは寧ろ②の方が有効かもしれない。

 

最悪am1時には寝るとして、帰宅がpm6時〜7時だから、食事と入浴を済ませると使えるのは大体5〜6時間・・・

 

こうして見ると比較的使える時間が多そうに見えるけど、いざその時になるとあっさり数時間ダラダラしてしまう。

 

仕事してる時の6時間と帰宅してからの6時間だと明らかに時間の流れが異なる。

 

いきなり時間をフルに使うのは辛すぎるので、とりあえず使える時間の20%を休憩時間とし、それを勉強と勉強の合間に挟んで負荷を軽減してみる。

 

 

 

 

 

対ストレス 備忘録 できれば中高生の頃の自分に伝えたい・・・。

人間ストレスがかかるとやっていけない。

 

やるべきことがあるのにストレスという外圧がかかるとやるべき事柄にモロに影響が出る。

 

眠れない、胃が痛い、疲れがとれない、下痢、便秘、頭痛、ストレスがかかるだけでこれだけのバッドステータスがかかる。

 

できるだけストレスは溜めない方が良いのは当たり前だけど・・・。

 

やるべきことが勉強だとして、勉強ができないことによるストレスは甘んじて受けるしかない。

 

ストレス源を解消するように無理なく行動するしかない、というか寧ろそれが一番の正解、王道。

 

しかし勉強せにゃならんのに他にやるべき面倒なことができて、そこからストレスを受けた場合は別。

 

全力で回避するのが吉、人間関係だろうがなんだろうが一番やらなきゃいけないものを主眼において、そのついでに消化する程度で良いと思う。

 

まずはメイン、その後に他の面倒事。

 

そしてメインとサブは分けて考えて、最悪メインだけでも何とかなるように動く。

 

人間普通にやって厳しいタスクを複数抱えることはできない。

 

である以上、厳しい複数タスクを消化できるように予定を組むか、メインだけに集中してそれ以外は適当にやるかの二択。

 

無理ならやらない、無駄にストレスを溜めない、ストレス源に近寄らない。

 

頑張るなら頑張るでストレス源を完全に潰せるように予定を練って行動する。

 

ゲームの発売日を待つ期間が楽しいように、歯医者の順番を待つ期間は辛い。

 

イベントそのものに喜怒哀楽が左右されるように、イベントの前後にも感情が左右されて良くも悪くもストレスがかかる。

 

イベントそのものからかかるストレスはともかく、「待つ」間にかかるストレスは可能な限り無視する。

 

無視しようと思ってできるものじゃないけど、それで肉体及び精神的パフォーマンスが落ちるのは事実・・・

 

ストレスコントロールは重要。

 

自分の脅威になるようなことは事前に察知して、できるだけ早く、それでいて継続的に対応する必要がある。

 

夏休みの宿題を例に挙げると、宿題の持つストレスポイントが31だとして、8月1日から31日までの31日間毎日1ずつ宿題のストレスポイントを消費するのと、最終日に一気に31ポイントを消費するのでは全く違う。

 

前者は継続的に行うことで毎日短時間の作業を行うだけで大きな目標を達成することができる。

 

もしも途中で夏風邪をひいて1週間寝込んだとしても、1日のノルマは増えるが十分に対応可能だろう。

 

しかし後者の場合連続して大量のタスクを抱えたことによるストレス、迫ってくる提出締め切り、長時間に及ぶ作業による物理的な疲労が襲ってくるだろう。

 

情報を事前に収集し、余裕をもって行動することはストレスを大幅に減らすことにつながる。

 

ストレス源を小分けにして継続的に消化することは結果としてストレスの総量を減らすことにつながる。

 

 

 

 

 

ピンチの時 番号順に実行 備忘録 

① まずは落ち着く (重要)

 

② 気楽に考える (超重要)

 

③ できるだけ楽観視する (じゃないと動けない)

 

④ 必要な情報を集める

 

⑤ 予定を確認する

 

⑥ 問題解決のために逆算して予定を組む

 

⑦ 結果ダメでもクヨクヨしない

10月15日 やることリスト

・予定の確認

→完了

 

・60分刻みで教科を変えて勉強

→完了

 

・ちょっとだけレポート

→まだ

 

・昼飯の用意

→完了

 

・FGOのシナリオ消化

→1シナリオ終わったけどこりゃ無理そう・・・。

 

2018-10-15 夢の話 忘れないうちに備忘録

どこかに向かうために普段運転しない車を走らせている。

ほぼペーパードライバーなのでこの時点で怖い。

 

途中で徒歩に切り替わり、小中学校の通学路とどこかの山道を足して2で割ったような場所を歩いている。

 

なんか全体的に臭い、どんどん無印ダークソウルの闇村、SIRENの死人の巣みたいな雰囲気に。

 

誰かの話し声が聞こえたので視界に移る前に走ってエスケープ。

 

途中でMMORPGみたいな感じになりどこかの洋館を探索、戦闘が怖いので探索で手に入る経験点を使ってスキルを取る。

 

夢の中なのでまっっったく相場が分からないけど「スキルポイント565」って数字を覚えている。

 

探索しただけで3桁スキルポイントって設定ガバガバすぎね・・・?

 

備考

・夢の内容は起床して行動を始めると急速に薄れる。

 

・逆にベッドの中でウトウトしてる時は一気に忘れるわけでもない。

 

 

プロテイン飲み比べ10日目 初恋のいちご風味

f:id:mohuros7:20181014204248j:plain

 

今日も今日とて以下略。

 

実飲した感想

 

・初恋の味、そうかこれが初恋の味か・・・。

 

・周囲の人間が恋を経験し青春を謳歌している時に私は一体何をしていたんだ・・・?

 

・袋を開けるとイチゴ味のヨーグルトのような香り。

 

・水で溶かすとイチゴの匂いが消える、味はぶっちゃけ微妙。

 

・牛乳で溶かしてもイチゴの匂いが薄くなる、水で溶かした時よりも酸味がマッチしていると感じた。

 

・味云々よりもパッケージに記載されている「初恋」という文言で鬱スイッチが入った。

 

・当時の私はこの上なく愚かだった・・・。

 そしてたぶん未来の私が今の私を見ても愚かに映るのであろう・・・。

 

・いつか思い返した時に少しでもマシに思えるように人は日々を生きるのかもしれないな・・・。